Butch/ブッチ|ドッグフードの評判を口コミから検証してみました!

ブッチのドッグフード…とってもお得に買えるキャンペーン情報!

こんにちは、最新の “トレンド情報” をお伝えする「Recommend Style」の横山です。

今回は、【Butch・ブッチ】ドッグフード評判を口コミから検証してみたい思います。

また最後のほうで、とってもお得に買えるキャンペーン情報もご紹介しますので、【ブッチのドッグフード】で後悔しないよう、どうぞお見逃しのないようにしてくださいね。

『Butch・ブッチ』のドッグフードとは?

愛犬のドッグフード選びに、一方ならぬ苦労を重ねている飼主さまは珍しくありません。

特に、食事内容とアレルギーや病気との関連性があきらかになっている今日では、少しでもクオリティの高いドッグフードを求めて各種のプレミアムフードを色々試してみる飼主さまもいらっしゃることでしょう。

店頭にも様々な栄養や効能を謳ったドッグフードが各社から発売されていますが、犬の食いつきが悪く、パッケージの効能を実感できていないということは無いでしょうか。

そんな方にお勧めしたいのが、『ブッチ』というメーカーから出ているドッグフードなんです。

■ブッチのベストセラー【ブラック・レーベル】
原材料:ビーフ、ラム、チキンほか


■赤身肉が苦手な愛犬に【ホワイト・レーベル】
原材料:チキンほか


■肉と魚をバランスよく 犬・猫兼用【ブルー・レーベル】
原材料:チキン、フィッシュ(ムロアジ等)ほか


『ブッチ』のドッグフードは従来のドライフードが抱えていた食いつきの悪さや、添加物の問題を解決するために生まれた新たなスタイルのフードです。

犬が肉食属性が高く消化器官も短いなどの生理的特性に対応するべく、生肉に近いウェットフードであることが従来の一般的なフードとは大きく異なる点です。

しかも、ペットフードの原材料等への規制が非常に厳しいニュージーランドで生産されているので安全性も高く、安心して愛犬に継続してあたえることができます。

『Butch・ブッチ』のドッグフードが選ばれる理由!

■無添加へのこだわりが非常に高い!

『ブッチ』は「安心、安全で健康」をコンセプトに開発されました。

そこで『ブッチ』では、人口的な調味料、香味料、着色料保存料を一切使用していません。

市販のフードの中には粗悪な原材料を使用し、その風味を改善し、犬の食いつきを良くするための香味料や油脂を大量に添加しているものも見受けられますが、『ブッチ』では一切それらの添加物は使用していないのです。

また、増量剤として市販フードに多用されている小麦グルテンなどを使用しないグルテンフリーの仕様となっています。

特に小麦やトウモロコシに含まれる炭水化物を消化するための酵素を分泌できない犬にとって、穀物はほとんど栄養価値をもたないだけでなく、小麦アレルギーの原因にもなりかねません。

そこで『ブッチ』は、グルテンフリーで犬の健康に配慮した成分配合を実現しています。


■非常に優れた栄養バランス!


犬の腸の長さは体調の6倍ほどで、人間が体調の12倍の腸の長さを持つことに比べると、非常に短いということがお判りだと思います。

これは植物繊維を消化することが苦手で、より肉食傾向が強いことを意味しています。

肉食動物は水分がたっぷり含まれた生肉が主食なので、腸が短くても十分消化吸収することができます。

そういった犬の特性をしっかり考え、そこで『ブッチ』も生肉と同じ約70%の水分量含有を目指したのです。

さらに原材料に対する肉類の割合は約92%、高たんぱく、低脂肪にこだわって開発されています。


■食いつきがいい!

肉食傾向のつよい犬の嗜好性を高めるためには、水分量が大事です。

そこで生肉と同等の栄養価と水分含有量を保てるように、加熱処理の過程でも可能な限り素材の風味を活かすことができるように生産されています。

一般的なドライフードの場合には、高熱で加熱処理をするので栄養も風味も損なわれがちです。

そこで風味や食感をよくするために、香味料や脂肪を添加することが多くなります。

これに対して『ブッチ』の場合は、100度未満の低温で全体を15分加熱後、即座にパッケージ包装することで素材の持つ風味も栄養も損なわれません。

これが抜群の食いつきのよさの秘密なのです。


■生肉に近い水分含有度をしっかりキープ!

生肉以上のフードを目指す『ブッチ』は、すべて生肉と同じ水分量である70%の水分含有度に調整しています。

フード自体の水分量が自然界で摂取される生肉の水分量と限りなく近いので、消化器官への負担を少なくし、高い消化吸収性を発揮してくれるわけです。

他方でドライフードの水分量は10%程度となっており、水分量の違いは明らかです。

また、ドライフードを与えると食べかすが歯の間に残り易く歯周病の原因にもなりますが、『ブッチ』は水分量が多いので食べかすが残りにくく、柔らかい食感なので高齢犬でも安心して与えることができます。


■バランスのとれたオメガ3とオメガ6!

犬の細胞膜やホルモンを生成するために必須の脂肪酸は、犬の毛並みや皮膚の健康維持、炎症の緩和作用など犬の健康に欠かせない栄養素の一つです。

必須脂肪酸は体内で作ることが出来ないので、食べ物から取り入れる必要があります。

特にオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸はその摂取バランスも重要です。

オメガ6脂肪酸は必須ではあるものの、通常の食べ物を摂取すれば必要量を取ることは困難ではありません。

これに対してオメガ3脂肪酸は酸化しやすく魚油など限られた原材料に含まれています。

特にEPAやDHAは加齢に伴い積極的に取り入れたい必須脂肪酸です。

『ブッチ』では、オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸をバランスよく配合しています。


■原材料はすべて新鮮で安全なヒューマングレード!

原材料は全て世界一環境規制が厳しいといわれるニュージーランド産です。

特にニュージーランドでは牛や羊は全て自然な環境で放牧され、牧草のみで肥育されています。

『ブッチ』ではニュージーランドの第一次産業省による厳格な検査をクリアした生産農家から供給される新鮮な原材料のみを使用しています。

原材料は工場納入後、即日中に工場で製品化されているので素材の鮮度も抜群です。

素材の風味がそのまま製品に活かされているのが特徴です。

『Butch・ブッチ』ドッグフードの効果的な与え方!

従来のドッグフードに比べると、かなりおもむきが異なりますが、給餌の際の注意点などをおさえておきましょう。

『ブッチ』は見た目はブロック状のハムのような形をしていますが、犬に与える際には、その都度冷蔵庫から取り出して、必要量を包丁やナイフでカットします。


与えるときには適度な大きさにカットして、犬が食べ易いようにしてあげましょう。


特に小型犬では細かめにカットしてあげれば、小さい口でもすんなり食べることができます。

カット後は断面を特性フレッシュキャップを装着して酸化しないようにして、再度冷蔵庫で保存します。


このキャップにより、ニオイが冷蔵庫内に広がる心配はありません。


100gごとにガイドラインがパッケージに印刷されているので、それを目安にして1週間-10日程度で使う分は冷蔵庫にしまって、残りの分は冷凍庫で保管すれば、保管期間の問題をクリアするころができます。

冷凍での賞味期限は最大6ヶ月保管することができます。

『ブッチ』のドッグフードは従来のドライフードと違って、サイズを任意に変更することができます。

おやつとして与えるときには細かくカットしたものをあげる方法もおすすめの方法です。

ところで実際の給餌量ですが、目安として体重が2kgの場合、135gなので800gサイズの『ブッチ』なら、6日程度もあれば使い切るので、保管期間の短さはあまり気にする必要は無いようです。

『ブッチ』にフードを切り替えると、生肉に近い風味と食感なので食欲が増進され、消化吸収性が高いので運動量が増えたなどの変化を実感できる飼主さまが多いようです。

特に顔を近づけると以前は嫌なにおいがしたのが、そのニオイが消えた、毛並みが良くなりツヤも出てくるなどの変化も期待できます。


そこで今のフードで食いつきが良い場合でも、ドッグフードが原因で様々な症状に苦しんできることが疑われる場合には、食事を見直してみることが近道です。

食いつきがいいと、わざわざ今のフードを替える必要性を感じられないかも知れませんが、皮膚炎や下痢などの一般的によく遭遇する不具合程度は軽視されがちですが、今与えているドッグフードが原因の一つの場合があります。

皮膚のトラブルなどを抱えている場合にも、『ブッチ』のドッグフードへの切り替えを行うことをおすすめします。

『Butch・ブッチ』ドッグフードの評判を口コミから検証!

抜群の嗜好性の高さを誇る『ブッチ』のドッグフードですが、実際の評判はどうなのでしょうか。

口コミから検証してみましょう。


■良い口コミ


「我が家の犬は高齢犬のため、老化の影響なのか、最近は乾燥しすぎた食べ物で、むせてしまうことが多くなりました。
今年に入ってジャンプして段差に登るのを立て続け失敗していました。
階段にも苦手意識を持ち始めて、だんだんと自信をなくした様子。
そこでブッチに切り替えてみたのですが、ブッチだと、むせることがなく安心して食べさせられるので、飼い主としても大満足です。
ブッチを食べ始めて1ヶ月くらいした頃以前よりキビキビ歩くようになりました。
そして、ついにジャンプも成功!…嬉しくて、気持ちも若返ったようです。
良質なタンパク質が豊富なブッチで身体も引き締まってきたように感じます。
毛並みは、ツヤがでて毛質が柔らかくなったように感じます。」



『ブッチ』は生肉をベースにしたフードなので口当たりが良く、咀嚼機能の弱まった高齢犬でも喜んで食べる抜群の食いつきのよさを誇ります。

水分量が豊富な生肉に近い仕様なので、消化吸収にも優れ高齢犬の衰えた消化器官にも優しいのが特徴です。



「うちの子はお腹が弱く下痢や嘔吐をすることを繰り返すことが良くありました。
ブッチのドッグフードに替えてから一週間程で、今まで続いていた下痢や嘔吐が嘘の様に無くなり、ウンチも体調も良くなりました。
それに痒がっていた尻尾を噛む事もなくなりました。
ドライフードの時より、毛がフワフワになりました。
一番驚いたのは犬独特のニオイが減ったことです。」


「アレルギー症状や免疫性の病気から毛が抜けところどころ地肌が目立ち、赤みを帯びていかにも痛々しい外見でした。
そこでブッチを2週間試した所、毛が生え前より元気も出てきました。
消化吸収が良い事がこんなに健康回復へと繋がるのかと、その効果を実感しています。」



愛犬が慢性的に皮膚炎や下痢、嘔吐などを繰り返す場合には、フードに含まれる添加物や小麦グルテンなどへのアレルギー症状の場合が考えられます。

この点『ブッチ』はグレインフリーで新鮮な素材を使用しているので安心して与えることができます。

また、病気になった場合にも栄養価が高く消化吸収にすぐれた『ブッチ』は、愛犬の体調回復もサポートしてくれるようです。


■悪い口コミ!

一方で『ブッチ』ドッグフードのマイナスの評判にされているのは、どのような点にあるのでしょうか。

悪い口コミの内容を分析してみましょう。


「長年、ドライフードを与えていたので、ブッチに切り替えた初めの頃は少しお腹がゆるくなりました。
食いつきがいいのは確かですが、ウェットタイプのフードにいきなり替えるとワンちゃんのお腹がびっくりするみたいです。
今では問題はありません。」



愛犬には、従来型のドライフードからの切り替えを検討されている飼主さまが多いと思いますが、急にフードを切り替えると、犬の消化器官がストレスを感じてしまうことがあります。

犬の身体がフードに対応しようとして、排泄物がゆるめになる場合もあります。

はじめはダイス状に切ってトッピング程度から与え始め、5~7日ほどかけて完全に移行するように気をつけてあげましょう。



「我が家の子は小型犬なので、開封後1週間程度で使い切るの必要があるのは少し厳しいようです。
保存期間をあまり長く取れないので、小分けにして冷凍保管するのは少し面倒です。」



保存料などの添加物が無添加なので、『ブッチ』は長期保管には向いていません。

賞味期限としては、開封後は要冷蔵にして7~10日以内を目安に使い切るようにする必要があります。

『ブッチ』はフレッシュな状態で食べきるのがベストですが、冷凍保存を行えば、より長期間保存することができます。

小型犬などの場合には、7~10日分だけあらかじめスライスして冷蔵保存し、残りは小分けにして冷凍保存するように工夫すれば、賞味期限の短い問題も解決できるのではないでしょうか。



「毎食分スライスする必要があるのは面倒です。嗜好性が抜群なのでこの程度の手間はあまりきになりませんが……」



『ブッチ』はパッケージ裏面の供与料ガイドラインを参考に、清潔なナイフで一食分ずつにスライスします。

冷凍保管する場合には風味を損なわないように、できるだけ急速に冷凍することが理想です。

空気を抜くようにラップすることで、冷凍焼けを防ぐことができますよ。

『Butch・ブッチ』ドッグフードのキャンペーン情報♪

『ブッチ』のドッグフードを試してみたいけれど、我が家の子に合うのか不安?!

そのような飼主さまも、少なからずいらっしゃることでしょう。

そこで『ブッチ』の全レーベルがお得にお試しできる「特別トライアルセット」が用意されいるんです。

ビーフメインの「ブラックレーベル」、チキンメインの「ホワイトレーベル」、肉と魚をバランスよく配合した「ブルーレーベル」、以上の3点をパックにしたセットです。

通常価格:4,374円 ⇒特別トライアルセット:3000円(税込)

の特別お試し価格、しかも送料無料でご購入いただけます。

さらに特典として、冷蔵庫での保管に便利な、特製フレッシュキャップ付きになっていますので、至れり尽くせりではないでしょうか。

特製フレッシュキャップは、必要量をカットしたら、被せるだけで簡単に保管できる人気のアイテムですよ。

『ブッチ』のドッグフードで迷っていた飼い主さま、どうぞこのチャンスにお試しになってみて下さい♪


お試しキャンペーンサイト

『Butch・ブッチ』ドッグフードのお試しキャンペーンサイトはコチラへ



■LINK■
  • Butch・ブッチ
    無添加ドッグフード・キャットフード通販「ブッチ・ジャパン」のコーポレートサイト
  • ブッチ ドッグフード 店舗
    Butch(ブッチ) ドッグフード | プレミアムドッグフード専門店・通販 POCHI - ポチ公式サイト
  • ブッチジャパン 楽天
    【楽天市場】ブッチ ブラック・レーベル800g ドッグフード | 価格比較 - 商品価格ナビ